ブレーメン大迫 強烈シュート阻まれ半年ぶり得点ならず、出場17試合連続ゴールなし

[ 2020年6月7日 22:25 ]

ドイツ1部リーグ・第30節   ブレーメン0―1ウォルフスブルク ( 2020年6月6日    ブレーメン )

ウォルフスブルク戦の前半、先発出場し競り合うブレーメンの大迫(左)
Photo By 共同

 ドイツ1部ブレーメンの日本代表FW大迫勇也(30)が昨年11月以来、約半年ぶりのゴールを惜しくも逃した。

 6日、ホームのウォルフスブルク戦に2試合連続先発出場し、後半40分までプレー。0―0で迎えた前半31分、ペナルティーエリア外からゴール左隅へ強烈なミドルシュートを放ったが、相手GKの好セーブに阻まれた。同44分にはFKを頭で合わせたが、GK正面を突いた。

 大迫は今季リーグ戦4点目を決めた昨年11月23日のシャルケ戦を最後にゴールから遠ざかっており、これで出場17試合連続で無得点となった。

 降格圏の17位に沈むブレーメンは終盤に失点して0―1で敗れ、2連敗を喫した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年6月7日のニュース