マジョルカ久保、来季もスペイン!19歳至宝“白い巨人”評価 地元サイトが方針を報道

[ 2020年6月7日 05:30 ]

来季もスペインでのプレーが濃厚と報道されたマジョルカの久保(共同)
Photo By 共同

 スペイン1部Rマドリードから同マジョルカに期限付き移籍している日本代表MF久保建英(19)について、地元のサッカー専門サイト「デフェンサセントラル」は5日、「レアルは久保、セバージョス、レギロンの将来を(ほぼ)決めた」とし、クラブ側が国内で経験を積ませる方針だと報道した。

 5月24日には同Rソシエダードとベティスが期限付き移籍での獲得に関心を持っているとバルセロナ系スポルト紙が報じており、レアル復帰か、国内2クラブへの移籍が有力視されている。これまでフランスのパリ・サンジェルマンやイタリアのACミランなどからもラブコールが届いたと報じられたが、レアルは、目の届きやすい国内にとどめるのが最善と考えているもようだ。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年6月7日のニュース