G大阪 再開へ“段階的強化策” カテゴリー上げて試合強度高める

[ 2020年6月7日 05:30 ]

G大阪の宮本監督
Photo By スポニチ

 G大阪が「7・4再開」へ向けて“段階的強化策”を持っていることが6日、分かった。まず13日にJ3今治と練習試合を戦い、20日にはJ2京都戦を予定。カテゴリーを徐々に上げていくことで試合強度を高め、チーム作りを進めていく方針だ。

 5月25日からグループトレーニングを再開し、全体練習は1日からスタート。その際、オンライン取材に応じた宮本監督は今後について「2週間後にはトレーニングマッチを組んで、8~9割に近い状態に持っていきたい。3週間目には100%のトレーニングをしたい」と口にしていた。さらに、リーグ再開後は過密日程となるため「戦えるメンバーを増やしていく」と若手の台頭も期待している。

 インスタライブで冒頭15分公開されたこの日は、2人1組のボールトレーニングやパス回しなどで汗を流した。3月21日にJクラブ(対戦相手未公表)との練習試合を最後に実戦から遠ざかっていただけに、慎重にコンディションを整えていく。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年6月7日のニュース