米MLS所属カタイ、妻のSNSで契約解除 不謹慎すぎ投稿に謝罪「私が全責任を負う」

[ 2020年6月7日 05:30 ]

 米MLSのロサンゼルス・ギャラクシーは5日、双方合意の上でセルビア代表MFアレクサンダル・カタイ(29)との契約を解除したと発表した。

 退団の原因は、カタイの妻テアさんのSNS。人種差別に抗議デモを行う人々について、自身のインスタグラムにセルビア語で「殺す」「忌まわしい牛」などと投稿していた。クラブは3日に「投稿を強く非難し、削除を要求した」と発表。

 カタイはSNSで「私の家族の過ちで、私が全責任を負う」と謝罪した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年6月7日のニュース