ワッキー中咽頭がん公表 浦和・槙野が恩返しエール「言葉で救ってもらった 今度は俺が救う番」

[ 2020年6月7日 15:59 ]

浦和・槙野
Photo By スポニチ

 サッカーJ1浦和レッズの日本代表DF槙野智章(33)が7日、中咽頭がんの治療で一時休養を発表したお笑いコンビ「ペナルティ」のワッキー(47)へ、自身のツイッターから激励の言葉を送った。

 槙野は、千葉・市立船橋高サッカー部出身で、サッカー好きなワッキーと以前から親交があり、食事もともにする仲。「俺のサッカー人生で、ワッキーさんの言葉で救ってもらった 今度は俺がワッキーさんを救う番」とつづった。言葉について具体的は明かしていないが、過去にワッキーに助けられた感謝から恩返しのエール。「あなたは、更に強く面白くなって帰ってくる!!」と激励した。

 所属事務所によるとワッキーは、4月上旬に首にしこりのようなものを感じて検査を受けた結果、ステージ1の中咽頭がんであることが発覚。今後は外科手術をせず、放射線化学療法で治療する。今月8日から7月下旬まで入院し、芸能活動は8月末まで休養する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年6月7日のニュース