FC東京 MF東慶悟 2カ月ぶり練習「率直に嬉しい。幸せを感じる」

[ 2020年5月26日 14:32 ]

初日のトレーニング後、報道陣の取材に対応したFC東京のMF東

 FC東京のMF東慶悟(29)が26日、練習後にウェブ会議システム「Zoom」を使用して報道陣の取材に応じた。東京都における緊急事態宣言が解除されたことを受けて、トレーニングを再開。3月26日に長期オフとなり、その後に緊急事態宣言のために活動休止となったために練習は2カ月ぶりで、当面の間は時間帯でグループを分けて行われる。

 久々のピッチで体を動かしたことについて東は「全体練習ではないが、時間で3グループに分けてでも練習できたことは率直に嬉しい。小平で、きれいな芝生の上で練習できるのは幸せを感じるし、サッカーをしているなという実感が湧いた」と感慨深げ。初日は1時間弱のトレーニングで、練習前後の手洗いや消毒の徹底、スタッフはマスクを着用し、飲み物も選手それぞれに分けるなどなど感染予防を万全にしての再開だった。

 コンディションについて問われると、「(活動休止中は)なるべく体を動かすようにしていた。ただ、サッカーとなると別だと思う。これから徐々に実践に近い練習になるが、それの下地はできているので、スムーズに入れると思う」と自信をにじませた。ただ、公式戦の再開日や日程も決定していないおらず、「レギュレーションも変わって交代人数が5人になったり、それに対応しながら今季はやっていかないといけない。やりながら合わせていく必要がある。2カ月弱自宅で過ごして、4、5週でトップコンディションはなかなか難しい。やりながら合わせるのが大事になる」と強調した。

 また、世界の主要リーグでドイツのブンデスリーガが無観客試合ながら先陣を切って再開したことを受けて「(自分は)無観客を公式戦で経験したことはない。でも、DAZNなどで観られていると思いながらプレーしたい。試合を画面越しで観てもらって、一人でもパワーを与えたい」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年5月26日のニュース