ネイマールが1億円寄付 非公表もブラジルで報道、スター選手が広げる支援の輪

[ 2020年4月4日 17:51 ]

パリ・サンジェルマンのネイマール(AP)
Photo By AP

 パリ・サンジェルマン(フランス)のブラジル代表FWネイマール(28)が、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けている人々を支援するためにユニセフ(国連児童基金)などに計500万レアル(約1億円)を匿名で寄付したと、3日までにブラジルのテレビ局SBTが報じた。

 寄付は公表されておらず、SBTの取材に対し、ネイマール側は肯定も否定もしなかったという。

 フランスリーグは新型コロナウイルスの影響で中断。ネイマールは母国ブラジルに帰国して個人トレーニングを行っており、2日に自身の公式サイトで「我々が悲劇的な状況を乗り越えて、できるだけ早く(通常の)活動に戻れることを願っている。世界中のパンデミックのニュースを見ている。今は家族を守って、終息するのを待とう」とコメントした。

 既にバルセロナ(スペイン)のFWリオネル・メッシ(32)はバルセロナと母国アルゼンチンの病院に合計100万ユーロ(約1億2000万円)を寄付。ユベントス(イタリア)のFWクリスティアーノ・ロナウド(35)は母国ポルトガルで3つの病院に代理人と共同で計100万ユーロを寄付するなど、スター選手の支援の輪が広がっている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年4月4日のニュース