神戸 練習場とクラブハウス“封鎖”本拠ノエスタ&公式ショップも…

[ 2020年4月1日 05:30 ]

<神戸・横浜FC>2020年2月23日、横浜FCとの開幕戦に出場した神戸・酒井高徳
Photo By スポニチ

 神戸は31日、DF酒井高に新型コロナウイルス感染症の陽性反応が出たことを受け、神戸市西区にある練習場とクラブハウスを封鎖した。現在は11連休中で、これまではリハビリ中の選手らには開放していたものの、感染者が出たことで立入禁止に。急用などで訪れる場合は、上長の許可が必要となった。

 報道陣もシャットアウトされ、近日中にも保健所の指示を仰いで消毒作業が行われる。クラブはこの日、拡大防止の強化のために、4月5日まで施設やサービス業務の休業や縮小を発表。本拠地ノエスタは地下駐車場を除き全ての施設が利用できないことになり、ハーバーランドにある公式グッズショップも臨時休業となった。

 オフ期間は4月6日までながら、不測の事態が生じたことで今後は不透明。選手らには継続して、不要不急の外出の自粛などが言い渡されている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年4月1日のニュース