C大阪 10日まで全カテゴリーで活動停止、GK永石が新型コロナ陽性

[ 2020年4月1日 17:31 ]

2月8日、磐田との練習試合に出場したC大阪・永石拓海
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルス感染症の発症者が出たC大阪が、10日まで全カテゴリーで活動を停止する見込みとなった。

 クラブは1日、GK永石拓海(24)に新型コロナウイルス感染症の陽性反応が出たことを発表。発症日は27日とされており、そこから約2週間はトップチーム、U―23チーム、育成部門も含めて活動を行わないことになった。保健所に指示を仰ぐことになり、現状では4月11日から練習を再開する予定となっている。

 午後5時から行われたWEB上での会見では、森島寛晃社長が「このたびは申し訳ありません」と頭を下げた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年4月1日のニュース