C大阪、過密日程乗り切る!梶野智チーム統括部長「全員の力が必要になる」

[ 2020年3月11日 05:30 ]

 超過密日程を総力戦で乗り越える。コロナウイルスの影響でJリーグが4月3日以降に再開を目指すことになった中、C大阪は10日に大阪市此花区で調整。トレーニングを見守った梶野智チーム統括部長は「(4月再開なら)4~5月はほぼ週2試合になるんじゃないか」と明かした上で「全員の力が必要になる。それは選手にも話をした」と語った。

 延期となる公式戦7試合が4月以降に組み込まれれば、当然ながら日程は厳しくなる。疲労やケガのリスクも増加することから、例年よりも選手層が順位に影響を及ぼすことは必至だ。「練習しても公式戦がないと…というのは確かにあるかもしれないけど、これは仕方がないこと」とFW柿谷。この日も雨の中で11対11などを実施。チーム強化を図りつつ、再開に備える。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年3月11日のニュース