JFAが新型コロナと戦う人々へサポート企画 本田、冨安ら動画コンテンツ用意!

[ 2020年3月11日 15:32 ]

ブラジル1部ボタフォゴMFの本田圭佑
Photo By スポニチ

 日本サッカー協会が11日、「Sports assist you~いま、スポーツにできること~」と銘打ち、新型コロナウイルスと世界中で戦う人々へ一助となる取り組みを開始する。サッカー界にとどまらず広く社会全体の活動となっていくことを目指す。まずは現在、新型コロナ感染拡大を防ぐため自宅で待機されている方が室内でも取り組むことで健康の維持、促進につながるコンテンツの提供を開始する。

 本コンテンツには趣旨に賛同したプロサッカー選手からのレッスン動画、JFAが持つ知見、ノウハウを基にした専門家たちによる健康維持、促進に向けたエクササイズやサッカーに特化したプログラムを用意。全コンテンツはインターネットのつながる環境にて無料で閲覧することが可能となる。期間は11日から4月5日を予定。

 視聴方法はJFATV。またはJFAの展開する各種SNSより視聴可能となる。

 内容はまずJFAチャレンジゲーム プログラムの無料提供(3月7日から実施)子供に必要な動き作りを徐々にステップアップしながら取り組んでいく個人向けプログラム。

 さらにプロ選手たちによる動画コンテンツも用意。

 (1)乾貴士選手からの宿題第1弾
 (2)小林祐希選手「判断力を磨くトレーニング」
 (3)菅原由勢選手からのメッセージ
 (4)冨安健洋選手「親子でできる頭と身体の体操」
 (5)本田圭佑選手からの挑戦状
 以上が、11日に公開予定のコンテンツとなる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年3月11日のニュース