サッカー国際Aマッチ 延期or無観客も…コロナ感染拡大受けFIFA会長が言及「試合よりも健康が重要」

[ 2020年3月1日 05:30 ]

FIFAのインファンティノ会長(AP)
Photo By AP

 国際サッカー連盟(FIFA)のインファンティノ会長が28日、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受け、3月の国際Aマッチが延期や無観客となる可能性を認めた。英国ベルファストで行われる国際サッカー評議会(IFAB)を前に会見。23~31日の国際Aマッチ期間の試合開催について「試合よりも人々の健康の方が重要」とし「今は(感染が)拡大しているようだ。もし試合を延期、無観客としなければならない状況ならば、そうなるだろう」と各大陸連盟などの状況に合わせて対応を求める考えを示した。同会長が今回の感染拡大について言及したのは初めて。

 欧州で感染者数が最多となっているイタリアでは、2月23日に予定された国内リーグ(セリエA)の4試合が中止。無観客開催を予定していた3月1日の5試合は、5月13日に延期されることが29日に発表された。また3部(セリエC)のピアネーゼは選手3人とスタッフ1人に検査で陽性反応が出たと発表するなど、影響が広がっている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年3月1日のニュース