川崎F 中断期間使って新システム熟成へ「伸ばせるところを課題として」

[ 2020年3月1日 05:30 ]

 川崎Fは3日間のオフを挟んで練習を再開した。

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴いJリーグ中断となってから初練習で、練習後に取材に応じた鬼木監督は「みんなが早く終息することを祈っている」と理解を示し、中断期間は今季から導入の新布陣4―3―3をさらに熟成させるチャンスとし「個人も含め伸ばせるところを課題として取り組みたい」と前向きに話した。今後は練習試合などをこなしながらさらに連係を高めていく。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年3月1日のニュース