ルヴァン杯開幕 前回王者・川崎Fが5発大勝 浦和、柏など白星発進

[ 2020年2月16日 17:07 ]

<川崎F・清水>前半、先制ゴールを決めた川崎F・レアンドロ・ダミアンのゴールパフォーマンス。ボールを転がして田中(左)と山根を倒す(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 Jリーグ・YBCルヴァン杯が16日に開幕し、各地で1次リーグ第1節の8試合が行われ、A組では前回覇者の川崎Fが清水に5―1で大勝し、白星発進した。名古屋は鹿島を破った。

 B組の浦和は新戦力レオナルドの2ゴールなどで仙台に5―2で快勝。C大阪はJ2の松本を下した。C組でJ1に復帰した横浜FCは広島に敗れ、前回準優勝の札幌は鳥栖に完勝した。D組はJ1復帰の柏がG大阪、湘南が大分にそれぞれ勝った。

 1次リーグは16チームが4組に分かれて争い、各組上位2チームと各組3位のうち上位2チームがプレーオフに進出。プレーオフを勝ち上がった5チームにアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場の3チームを加え、準々決勝を行う。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年2月16日のニュース