神戸 イニエスタ ACL初陣で無双!絶妙パスで連発で5発圧勝貢献

[ 2020年2月12日 20:54 ]

<神戸vsジョホール・ダルル・タクジム>前半、相手をかわし攻め込むイニエスタ(中央) (撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 “イニエスタシステム”で、イニエスタがACL初陣で無双した。神戸は12日、初出場となるACLの1次リーグ初戦でジョホール・ダルル・タクジムとホームで対戦。4―3―3のトップ下で先発出場した元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、前半13分に後方からのロングパスでFW小川の先制点をアシストした。

 一度はPKで同点に追いつかれるも、同28分のFW古橋のゴールで再び勝ち越す。迎えた後半13分、イニエスタは左サイドで元日本代表DF酒井に絶妙なパスを通して3点目を演出。同27分には角度のない位置から相手GKの頭上を通すループパスを送り、再び小川のゴールをアシストした。

 外国籍選手の登録に制限がある中、この一戦で神戸は従来の3バックではなく、4バック布陣を形成。イニエスタは中央のトップ下に入って自由に動き、攻撃陣を操った。終わってみれば5―1。ACL初挑戦となる神戸が、アジア制覇へと好スタートを切った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年2月12日のニュース