サッカー王国復活だ!「本当にしびれた」静岡県勢24年ぶりVは史上3県目の男女アベックV

[ 2020年1月13日 16:11 ]

第98回全国高校サッカー選手権大会決勝   静岡学園3―2青森山田 ( 2020年1月13日    埼玉 )

<青森山田・静岡学園>胴上げされる静岡学園・川口監督(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 第98回全国高校サッカー選手権大会は13日、埼玉スタジアムで決勝戦が行われ、静岡学園(静岡)が2点差をハネ返して史上9校目の大会連覇を目指した青森山田(青森)に3―2で逆転勝ち。1995年度の初優勝以来24年ぶり2度目の優勝を飾り、全国4037校の頂点に立った。

 24年前は鹿児島実(鹿児島)との両校優勝で、単独優勝は同校初。また、前日12日に第28回全日本高校女子サッカー選手権大会を制した藤枝順心に続く優勝で、2004年度の鹿児島(鹿児島実、神村学園)、2010年度の兵庫(滝川二、日ノ本学園)に続く史上3県目の男女アベック優勝を達成した。

 静岡学園は前半に2失点したが、前半終了間際のアディショナルタイムにセットプレーのこぼれ球をDF中谷颯辰(3年)が右足で決めて1点差に迫り、反撃開始。後半17分にドリブル突破からチャンスをつくり、FW加納大(2年)が体を反転させてからの左足シュートで追いつくと、同40分に中谷がこの試合2点目となるゴールを決めて鮮やかな逆転勝ちを飾った。

 2009年からチームを率いる川口修監督(46)は2点差をハネ返しての初の単独優勝に「いやぁ~もう本当にしびれましたし、先輩たちの努力、苦労がきょう報われたのかなと思ってます」と感慨深げ。かつてはサッカー王国の名をほしいままにした静岡県勢としても24年ぶりとなる優勝に「この優勝をきっかけにですね、静岡県ももっと盛り上がっていければなと思ってます」と王国復活を高らかに宣言していた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年1月13日のニュース