J2新潟 吉永監督は今季限りで退任 新監督はオルトネダ氏

[ 2019年11月17日 13:58 ]

 J2新潟は吉永一明監督(51)が今シーズンで契約満了となり退任することを17日、発表。併せて来季の監督にニューヨークシティーFCヘッドコーチだったスペイン人のアルベルト・プッチ・オルトネダ氏(51)が就任することも発表した。

 吉永監督は今季4月から監督に就任したがJ1昇格を逃し現在11位と低迷。「僕の責任。結果が全てなので仕方ないと思っている」とこの日の練習試合後に報道陣に話した。24日のリーグ最終戦(対長崎)が最後の指揮となる。

 オルトネダ氏はFCバルセロナの育成コーチなどを務め選手の能力を見極める能力に長けている。クラブを通じ「私の35年間のサッカーキャリアで培ったものをもって、クラブに貢献したい」とコメントした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年11月17日のニュース