U―22日本代表 0―2でコロンビア代表に完敗、久保、堂安共演も無得点

[ 2019年11月17日 14:47 ]

親善試合   U―22日本代表0―2U―22コロンビア代表 ( 2019年11月17日    エディオンスタジアム広島 )

<U-22 日本・コロンビア>後半、日本が先制ゴールを許す(撮影・大塚 徹)                                                                                                                                       
Photo By スポニチ

 東京五輪世代のU―22日本代表は17日、国内初の親善試合U―22コロンビア戦に臨んだ。森保一監督率いるU―22日本代表は、MF久保建英(18=マジョルカ)とMF堂安律(21=PSVアイントホーフェン)が国際親善試合初の同時先発したが、無得点に終わり、0―2で敗れた。

 五輪世代が誇る二枚看板、久保と堂安はFW上田綺世(21=鹿島)の背後に位置する2シャドーとしてプレー。前半7分に久保、同9分に堂安がFKから直接ゴールを狙ったが得点はならず。同20分にはカウンターからMF中山雄太(22=PECズヴォレ)が左足のミドルシュートを放つもゴールは決まらず。前半は両チームとも決め手を欠いて0―0で折り返した。

 後半は、開始早々から攻め込まれ、2分に左からのクロスのこぼれ球をサンドバル(20)に決められ0―1。その後も守備陣が崩され、同14分には、ラミレス(21)に決められ0―2となった。日本は同33分に久保の左からのセンタリングを堂安が右足でシュートしたがゴールならず。同36分に堂安のスルーパスに小川航基(22=水戸)が抜け出したが、シュートはポストに当たり得点にはならなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年11月17日のニュース