久保、中山らU―22代表10選手が帰京 コロンビアに敗れるも成長期し所属チームへ

[ 2019年11月17日 21:00 ]

帰京したU-22日本代表のMF中山
Photo By スポニチ

 U―22日本代表の一部選手が17日、広島からの航空機で羽田空港に到着した。帰京したのはMF久保建英(18=マジョルカ)やMF中山雄太(22=ズウォレ)ら海外組とFW上田綺世(21=鹿島)ら国内組を合わせた計10名。それぞれが所属するクラブに戻り、腕を磨くことになる。

 東京五輪世代のU―22日本代表は同日、国内初の親善試合となるU―22コロンビア戦(エディオンスタジアム広島)で0―2で敗れた。森保一監督(51)は試合後に「力が足りないということなので、これからチームで東京五輪までにもっと力をつけられるように、チーム力を上げられるようにしなければいけない」と厳しい表情で話していた。

 また、久保も「決められなかったじゃすまない。しっかり個々で決定力を上げつつ、最初からいい入りができるようにしたい。これから各々がチームに帰って精一杯頑張り、またここに戻ってこれるようにしたい」と前を見据えていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年11月17日のニュース