湘南 チョウ前監督へ1年間資格停止の処分案まとまる

[ 2019年11月9日 05:30 ]

パワハラ行為でJ1湘南監督を退任したチョウ貴裁氏
Photo By スポニチ

 日本サッカー協会が8日に開いた技術委員会で、パワハラ行為でJ1湘南監督を退任したチョウ貴裁(チョウキジェ)氏(50)の公認S級コーチライセンスを1年間停止とする処分案をまとめたことが関係者の話で分かった。

 期間はJリーグがパワハラを認定した10月から来年10月までとみられる。14日の日本サッカー協会理事会で承認されれば、期間中はJリーグのクラブで監督として指揮を執ることができず、奉仕活動への従事、反省文提出などの指導を受ける。

 チョウ氏のパワハラ問題は匿名の通報があり、Jリーグが関係者への聞き取り調査などを行った上で、公式戦5試合の出場資格停止とけん責の処分を下した。リーグは独自の規定で懲罰を科す権限が認められているが、日本サッカー協会は今回の問題を深刻に受け止め、リーグよりも重い処分案をまとめた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年11月9日のニュース