神戸 ポドルスキ、契約延長は白紙も現役続行明言「日本に残る可能性もある」

[ 2019年10月20日 05:30 ]

明治安田生命J1第29節   神戸1―3FC東京 ( 2019年10月19日    ノエスタ )

<神戸・FC東京>後半、シュートを放つ神戸・ポドルスキ(撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 J1神戸は、今季限りでの退団が濃厚な元ドイツ代表FWポドルスキが、現役続行を明言した。FC東京戦に後半15分から途中出場し、リーグ戦では約半年ぶりにピッチへ。真珠腫性中耳炎の手術により長期離脱していたものの、左足ミドルなどで存在感を示した。

 2連敗を喫した試合後には、日本メディアに対し去就について初めて言及。今季で切れる契約の延長について白紙であることを明かした上で「まだ、これから何が起こるか分からない。自分自身がフィットしていれば、高いレベルであと2~3年はできる。日本に残る可能性もあるし、全てに対して扉は開いている」と語った

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年10月20日のニュース