G大阪MF倉田 脳しんとう、左頬骨骨折で全治3~4週間 川崎F戦で相手選手と接触

[ 2019年10月20日 20:10 ]

<G大阪・川崎F>後半20分、G大阪・倉田(右)はヘッドで同点のゴールを決めるも川崎F・登里と激突し双方担架で運ばれ退場となる (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

G大阪は20日、MF倉田秋(30)が脳しんとうと左頬骨骨折で全治3~4週間の見込みと発表した。

 19日の川崎F戦(パナスタ)で後半20分にヘディングでゴールを決めた際、相手選手と激しく接触。そのままピッチに倒れ込み、同23分に負傷交代していた。

 その後に病院で精密検査を受け、結果と完治までの見込みが発表された。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年10月20日のニュース