磐田 2度追い付き執念のドローも…フベロ監督「やるべきことをやり続ける」

[ 2019年10月20日 05:30 ]

明治安田生命J1第29節   磐田2-2鳥栖 ( 2019年10月19日    ヤマハ )

<磐田・鳥栖>前半終了間際、ルキアン(右)が来日初得点を決め同点
Photo By スポニチ

 磐田は2度追い付く粘りで何とか勝ち点1を得た。ただし16位とは残り5試合で勝ち点9差あり、状況は厳しくなる一方だ。

 フベロ監督は「1つでもポイントを取るために、やるべきことをやり続ける」と必死に前を向いた。前半終了間際にルキアンが頭で加入後初ゴールを決め、後半39分は相手の中途半端なクリアに反応したアダイウトンの豪快なオーバーヘッドで同点。アダイウトンは「勝ち点3を取れなかったのが残念」と素直には喜べなかった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年10月20日のニュース