川崎F、3連覇に黄信号ドロー 中村「自分たちをどれだけ信じてやれるか」

[ 2019年10月20日 05:30 ]

明治安田生命J1第29節   川崎F2-2G大阪 ( 2019年10月19日    パナスタ )

<川崎F・G大阪>後半、川崎F・レアンドロ・ダミアン(左)のキックを身体をはって止めるG大阪・金英權(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 川崎Fは3連覇に黄色信号がともるドローとなった。

 約3カ月半ぶりの先発復帰を果たした大島が0―1の後半6分に同点弾を決め、その12分後にFWレアンドロ・ダミアンが逆転弾。流れを引き寄せたかに見えたが、2分後に追い付かれた。

 勝てば首位と勝ち点6差だっただけに悔やまれる引き分け。26日には札幌とのルヴァン杯決勝が控えており、中村は「自分たちをどれだけ信じてやれるか」と前を向いた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年10月20日のニュース