J1松本 DF水本、被災者に勝利届ける「ラグビーみたいに勇気づけたい」

[ 2019年10月14日 14:38 ]

練習でパスを出す松本・水本 (撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 J1松本の元日本代表DF水本裕貴(34)が14日、ホームで18日に行われる鹿島戦で台風19号の被災者に勝利を届ける。現在17位でJ2自動降格圏に沈む松本にとって首位の鹿島は5月18日の対戦で今季最悪の5失点を喫した相手。夏に期限付き移籍で加入した水本だが「日本で1番タイトルを獲っているチーム。アウェーでも勝ち点3を取りに来る」と警戒した。

 長野県は台風19号で甚大な被害を受けた。本拠地の松本の被害は少なかったが、県内の災害に「特別警報も出てテレビで観ていたらすごい状況だった。(W杯で前日13日に史上初の8強入りを果たした)ラグビー日本代表みたいにスポーツで勇気づけたい」と訴える。

 今夏まで広島に在籍し昨年の西日本豪雨も経験した男は「普段から(勇気づけたいと)思っている。苦しい中で足を運ぶ人、テレビで観る人にあきらめないで走るプレーで何かを感じてもらえれば」と最後まで粘り強くプレーし勝利を目指す。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年10月14日のニュース