堂安“最激戦区”勝ち抜く!サバイバル歓迎「これが日本代表」

[ 2019年10月14日 05:30 ]

W杯アジア2次予選   日本―タジキスタン ( 2019年10月15日    タジキスタン・ドゥシャンベ )

<サッカー日本代表練習>シュートを放つ堂安(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 MF堂安が代表で務める右サイドハーフは伊東、久保としのぎを削る代表の“最激戦区”。10日のモンゴル戦では先発した伊東が得点に絡み、サバイバルはより激しさを増した。 日本代表メンバー  日程&結果

 それでも「これが日本代表。自分からこういう厳しい環境に飛び込んできている。楽しみ」と争いを歓迎した。代えの利かない存在となるためには、目に見える結果が必要。1月のアジア杯ベトナム戦以来の得点で、価値を証明する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年10月14日のニュース