久保がスペインデビュー バレンシア戦に途中出場 欧州4大リーグ日本人最年少記録

[ 2019年9月2日 01:57 ]

マジョルカ・久保(C)RCD Mallorca
Photo By 提供写真

 レアル・マドリードから期限付きでマジョルカに加入した日本代表MF久保建英(18)が1日(日本時間2日)、リーグ第3節のバレンシア戦に途中出場し、スペインデビューを飾った。

 2点を追う後半34分に投入され、右サイドに入った久保。自陣まで戻ってボールを奪うなど守備で奮闘する場面もあったが、約10分間の出場時間で見せ場は訪れず。チームはそのまま0―2で敗れ、2連敗となった。

 18歳89日で迎えた今節。18歳257日の丸岡満(ドイツ・ドルトムント)を抜き、欧州4大リーグ(スペイン、イングランド、ドイツ、イタリア)における日本人最年少出場記録を樹立した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年9月1日のニュース