清水 鳥栖GK大久保獲得へ!六反離脱で白羽の矢

[ 2019年8月5日 05:00 ]

鳥栖のGK大久保
Photo By スポニチ

 清水が鳥栖のGK大久保択生(29)の獲得に向け調整していることが4日、分かった。

 大久保は1メートル90、92キロ。東京の帝京高から08年に横浜FCに加入後、千葉、長崎、FC東京を経て、今季から鳥栖に所属している。

 開幕から9試合連続フル出場し、その後は高丘陽平(23)に正守護神を奪われ、ベンチが続いていたが、この日の大分戦に先発。J1、J2でリーグ通算156試合に出場と、経験は豊富だ。

 一方清水のGKは、西部洋平(38)が現在11試合連続フル出場中だが、昨季までの正GKで、今季も開幕から10試合先発出場していた六反勇治(32)がオーバートレーニング症候群で治療中と4日にクラブから発表された。実力を伴う第2GKの獲得が急務で大久保に白羽の矢が立った。

 3日のアウェー・横浜戦で13試合ぶりに無失点勝利と、DF陣も息を吹き返してきた。14位から上昇気流に乗るための盤石な守備構築へ、大久保獲得が夏の補強の最後のピースとなる可能性が高い。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年8月5日のニュース