フローニンゲン堂安不発…板倉は初出場で勝利に貢献

[ 2019年8月5日 05:30 ]

オランダ1部   フローニンゲン1-0エメン ( 2019年8月3日 )

エメン戦の後半、競り合うフローニンゲンの堂安(右)
Photo By 共同

 フローニンゲンで3季目を迎えたMF堂安は2度の得点機を逃した。トップ下でフル出場し、後半は右MFと位置を入れ替わりながら攻撃をけん引。だが後半15分すぎに放ったシュートは枠外で、同35分すぎには右クロスを頭で捉えるもGKの正面を突いた。「開幕戦で厳しい試合になると思っていた。その中で勝てたのはよかった」と語った。

 板倉は1月の加入から念願の初出場を果たしセンターバックでフル出場。「うれしいというより、ここでやらないと次はないぞという気持ち」と、後半42分に速攻から決勝点の起点となるなど無失点勝利に貢献した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年8月5日のニュース