西野氏に聞く「東南アジアのリーダーになれるように」

[ 2019年7月20日 05:30 ]

西野氏 タイ代表監督就任

合掌して会場を沸かす西野新監督。左はソムヨット会長(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 【西野氏に聞く】

 ――就任が決まって
 「ピッチに戻れる幸せを感じる」

 ――就任の経緯は
 「光栄なオファーをもらい、6月末にタイに行き、非常に情熱を感じた。タイには潜在能力がある。まずは東南アジアのリーダーになれるように努力していく」

 ――何から着手するか
 「タイの現状を深く理解しないといけない。作業量は膨大だ。(日本代表監督就任時のように)時間がないことに慣れているわけではないが、チャレンジする。選手の生い立ちや、その国のDNAや本来ある力、本質を探ることが大事だ」

 ――意思疎通に不安は
 「言葉で選手に伝え切るためにも信頼関係を構築したい。ニュアンスが正確に伝わらないかもしれないが、目指すものを共有して、気持ちと情熱で接したい」

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年7月20日のニュース