川崎FのMF中村憲剛が17年連続ゴール!新パフォーマンス「イヤァオ」もお披露目

[ 2019年3月1日 19:29 ]

明治安田生命J1第2節第1日   川崎F―鹿島 ( 2019年3月1日    等々力 )

<川崎F・鹿島>前半、川崎F・中村が直接FKを決め、「イヤァオ」のパフォーマンス(撮影・大塚 徹)  
Photo By スポニチ

 川崎Fの元日本代表MF中村憲剛(38)が1日の鹿島戦(等々力)でチームの先制点となる今季初ゴール。プロ入りした2003年から17年連続ゴールを決めた。

 今季開幕となった2月23日のFC東京戦(等々力)では0―0の引き分けに終わり、初勝利がかかった鹿島戦。その前半9分だった。FW小林悠(31)が得たペナルティーエリア手前、左寄りの位置でのFKに右足を振り抜くと、ボールは相手の壁を越えてポストをかすめるようにゴール左隅に飛び込んだ。

 昨季のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)を制した鹿島から奪ったメモリアル弾。中村はプロレス界のスーパースター、中邑真輔(39)の入場パフォーマンス「イヤァオ」を拝借したゴールパフォーマンスを豪快に披露して雄叫びをあげた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年3月1日のニュース