開幕戦に向け町田・相馬監督「新しい物を見せる戦いを」東京V・ホワイト監督「熱意を見せたい」

[ 2019年2月22日 16:24 ]

町田の相馬監督(左)と東京Vのホワイト監督
Photo By スポニチ

 24日のJ2開幕・町田対東京V戦へ向けて、両チームの監督と選手が22日、町田陸上競技場内で会見した。

 町田の相馬直樹監督(47)は「今年はJ1昇格を目標に掲げたが、新しい物を見せる戦いにしたい」と抱負。東京Vのギャリー・ホワイト監督(44)は「クラブにとってもすごく大事な一戦。僕たちの熱意を見せたい」と語った。

 町田のMF井上裕大主将(29)は「昨年は最終戦で悔しい思いをしたが、開幕で対戦するのは縁を感じる。悔しさを晴らすと同時に、目標のJ1昇格をはたしたい」。東京VのDF田村直也副主将も(34)「監督が代わり、新しいことにチャレンジしている。34歳になって、プレーオフで感じた差をチームとしても個人としてもやっていきたい」と気を引き締めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年2月22日のニュース