J3相模原 新加入のMF稲本潤一が「メンター」就任 チーム内の助言役に

[ 2019年2月7日 16:33 ]

稲本潤一
Photo By スポニチ

 J3相模原は7日、今季のキャプテンを新加入のDF富沢清太郎(36)が務めると発表した。副キャプテンはDF丹羽竜平(32)、MF末吉隼也(31)、MF千明聖典(31)の3人。同じく今季加入した元日本代表MF稲本潤一(39)は新設した役職「メンター」に就任する。

 「メンター」は助言者、指導者、相談相手の意味。クラブは公式ツイッターで「チーム内で相談を受けたり、助言をしたり、とても大事な役割になります」とその役割について説明している。

 稲本は日本代表として02年日韓大会、06年ドイツ大会、10年南アフリカ大会と3大会連続でワールドカップ(W杯)に出場し、イングランド、トルコでプレーするなど海外経験も豊富なことから、若手の相談役としての役割を託したようだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年2月7日のニュース