丸山桂里奈「私、サッカー選手でした」とツイート ツッコミ相次ぐ

[ 2019年2月7日 17:02 ]

丸山桂里奈
Photo By スポニチ

 元サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」でタレントの丸山桂里奈(35)が6日深夜から7日未明にかけてツイッターを2度更新。「私、サッカー選手でしたしね」とつぶやき、フォロワーからツッコミが相次いでいる。

 昨年タレントとして大ブレークを果たし、ついつい忘れられがちだが「サッカー選手でした」どころか、五輪3回(うち準優勝1回)、ワールドカップ(W杯)2回(うち優勝1回)の出場を誇り、11年女子W杯ドイツ大会では初の世界一に大きく貢献し、国民栄誉賞も受賞といわばレジェンド級アスリートだった丸山。

 6日深夜、子どもたちにサッカーを指導する様子を映した動画をアップして「サッカーたのしい。やはり私にはサッカーが宿っている」とつづると、日付が変わってから「私、サッカー選手でしたしね」と短くツイートした。

 これにフォロワーは鋭く反応。動画には「ドイツにとどめの一発いつまでも心に残っています」という功績を称えるもののほか、「サッカー選手みたい!!」「丸山さんってサッカーうまいんですね」とお決まり?のコメントが相次ぎ、「私、サッカー選手でしたしね」のツイートには「いいえ モデルでしょ!」「愛犬家です」「芸人かと思います」「知りませんでした。笑」などとつっこむ声が続出。「こういうことが言える丸山さん、好感が持てる」「丸山選手はサッカーを愛しサッカーに愛された女です」のコメントもあった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年2月7日のニュース