札幌FW宮吉拓実が4年ぶりにJ2京都復帰 16歳デビューした古巣で「頑張ります」

[ 2018年12月23日 19:32 ]

 J2京都は23日、J1の札幌からFW宮吉拓実(26)が完全移籍で加入すると発表した。4年ぶりの復帰となる。

 滋賀県出身の宮吉は、京都U―18に所属する16歳だった2008年に当時J1だったトップチームへ昇格。14年に当時J2だった富山へ期限付き移籍し、15年に京都へ復帰も16年に広島へ完全移籍。今季から札幌へ完全移籍していた。リーグ戦の通算成績はJ1が50試合8得点、J2が137試合28得点。今季はJ1で11試合1得点だった。

 宮吉は4年ぶり復帰となる京都を通じて「北海道コンサドーレ札幌より加入させていただきます宮吉拓実です。再びサンガのユニフォームを着てプレーできることに感謝しています。サポーターの皆さまと、ひとつでも多くの勝利を喜び合えるよう頑張ります」とコメント。

 1年でチームを去ることになった札幌を通じては「チームの力になることができませんでしたが、札幌ドームや厚別でのサポーターの皆さまの熱い声援は忘れません」と談話を発表している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年12月23日のニュース