INAC神戸、京川のゴールなどでベスト4入り 2大会ぶり7度目の頂点へ

[ 2018年12月23日 05:30 ]

サッカー 皇后杯 ( 2018年12月22日    栃木県グリーンスタジアム )

前半、頭から飛び込み先制ゴールを決めるINAC神戸・京川(右から2人目)
Photo By 共同

 準々決勝が行われ、2大会ぶり7度目の頂点を狙うINAC神戸は京川のゴールなどで新潟に2―1で競り勝った。初優勝を目指す千葉は鴨川の挙げた1点を守り抜き、前回準優勝のノジマステラ神奈川相模原に1―0で勝利。2連覇を狙う日テレはマイナビ仙台相手に田中の2得点などで6―0と圧勝した。

 準決勝は29日、決勝は来年1月1日に、いずれもパナソニックスタジアム吹田で行われる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年12月23日のニュース