カレーラス氏、鳥栖監督に就任 今季14位からの立て直しに「実現可能」と自信

[ 2018年12月23日 05:30 ]

鳥栖の新指揮官に就任したルイス・カレーラス新監督(左)は竹原社長とがっちり握手
Photo By スポニチ

 サガン鳥栖の監督に就任するスペイン出身のルイス・カレーラス氏(46)が鳥栖市内で会見し「私がここにいるのは変化を生むため。長く指揮して良い成績を残したい」と意気込んだ。

 選手として育成年代から所属したバルセロナで学んだ「コンビネーションサッカー」を掲げる。昨年までスペインのクラブで指揮しており、今季14位に沈んだチームの立て直しに「実現可能だ」と自信を示した。2001年から2年プレーしたAマドリードではFWフェルナンド・トーレスと同僚。「持っている力を発揮させたい」と語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年12月23日のニュース