代表選出されたその日に契約満了発表…J3藤枝で珍ケース

[ 2018年12月12日 16:41 ]

 J3藤枝で、代表選出が発表された同じ日に今季限りでの契約満了による契約非更新が発表される珍しいケースがあった。

 対象選手となったのはDF金聖基(キム・ソンギ、30)。所属クラブであるJ3藤枝から来年1月開幕のアジア杯UAE大会に出場する北朝鮮代表選手に選出されたとのリリースが出た後、契約満了に伴い、来季の契約を更新しないことが発表された。

 金は先に出た代表選出リリースで「代表選手として戦えることを光栄に思います。今の自分の状況にも関わらず選出していただいたことに感謝しながらチームのために自分の出来る仕事を全身全霊かけて表現したいと思います。ぜひ日本からも応援していだたけるとうれしいです」とコメント。

 続いて出た契約満了リリースでは「ファン・サポーター、スポンサー企業の皆さまの期待に応えることができず、不甲斐ないシーズンでしたが、結果が出ない時でも全力で声援を送ってくださった皆さまには感謝の気持ちでいっぱいです」と談話を発表した。

 兵庫県出身の金はC大阪、神戸、水戸、町田を経て今季から藤枝に加入していた。リーグ戦の通算成績はJ1が2試合0得点、J2が87試合3得点。今季はJ3で8試合1得点だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2018年12月12日のニュース