札幌、元広島アンデルソン・ロペス加入決定的 昨季10得点FW

[ 2018年12月12日 06:30 ]

広島時代のFWアンデルソン・ロペス
Photo By スポニチ

 コンサドーレ札幌が獲得に乗り出している元広島のFWアンデルソン・ロペス(25)の札幌加入が決定的となったことが11日、分かった。本人とはすでに合意しており、クラブ間の交渉も合意間近。今後は細かい部分を詰めるだけで、近日中にも正式に発表される。

 今季は韓国のFCソウルでプレーしたアンデルソン・ロペスは16年夏から昨季まで広島に所属。昨季はチーム最多の10得点を挙げるなど、その得点能力を見せつけた。武器は1メートル85、82キロの体格を生かしたフィジカルと左足。強烈過ぎる左足のシュート以外にも右足や頭でも得点が奪え、さらにはポストプレーやアシスト能力にも秀でている。

 札幌ではワントップや2シャドーの一角でのプレーが濃厚。前線には今季3人で29得点を決めたFW都倉、FWジェイ、MFチャナティップの3人がいるが、川崎Fから期限付きで加入して活躍した三好の退団が決定。その穴を埋める活躍が期待される。

 今夏にはシーズン途中でFWヘイスとFWジュリーニョのブラジル人コンビが退団。守備の不安はあるが、まだ25歳と若いアンデルソン・ロペスは成長も期待できる。待望のブラジル人FWが来季、札幌をさらなる高みへ導くことになる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2018年12月12日のニュース