神戸、来年1月に初の米キャンプ 巨大新戦力融合&戦術浸透へ 

[ 2018年12月12日 05:30 ]

サポーターへあいさつする神戸イレブン
Photo By スポニチ

 神戸が来年1月にクラブ史上初となる米国キャンプを行う可能性が高まった。複数の関係者によると、キャンプ場所はロサンゼルスなどの西海岸を検討しており、日程なども調整中。元スペイン代表MFイニエスタ、元ドイツ代表ポドルスキといった世界的スターを擁していることから、練習試合のオファーがあり、実施されることが有力になった。

 来季に向け、すでに元スペイン代表FWビジャの完全移籍での加入が決定。C大阪の元日本代表MF山口の獲得も決定的となっている。かつてない巨大戦力を抱える中で、欠かせないのが新戦力の融合と戦術の浸透。リージョ監督の元、悲願の初タイトルに向けて米国でチームとしての熟成を図ることになる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2018年12月12日のニュース