磐田・中村 現役続行へ意欲 今季キャリア初の無得点で「申し訳なかった」も「逆に来季が楽しみ」

[ 2018年12月8日 18:12 ]

J1参入プレーオフ決定戦   磐田2―0東京V ( 2018年12月8日    ヤマハ )

<磐田・東京V>後半アディショナルタイムから登場した中村は勝利を喜ぶ(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 磐田の中村は後半ロスタイムから出場し、ピッチ上で残留決定の瞬間を迎えた。今季は右足首の故障や手術もあり、出場16試合でJリーグのキャリアでは初の無得点に終わっただけに「最後が良ければ、すべて良しではない。クラブやファンに申し訳なかった」と反省を口にした。

 40歳のベテランは「今季はがくっと落ちたけど、逆に来季が楽しみ。苦しんだことを、ばねにしないと」と現役続行への強い意欲を示した。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2018年12月8日のニュース