優ロナ“VSレアル”まで負けられん 24日ACL準決勝水原戦

[ 2018年10月24日 05:30 ]

ACL準決勝水原戦へ最終調整する鹿島・昌子(右)ら
Photo By 共同

 鹿島は24日、ACL準決勝第2戦アウェー水原戦に臨む。3―2の点差を追う水原が、激しい戦いを仕掛けてくることが予想される一戦。エースのFW鈴木は「嫌いじゃないので。真っ向から受けてやる」と激しいバトルを大歓迎した。

 水原の徐正源監督からは名指しで警戒された。「特に9番のスズキは注意深く見て試合運びをしないといけない」。鈴木は今季のACLでチーム唯一全11試合にフル出場。軽い肉離れを負った7日の川崎F戦以降は先発から遠ざかるが、コンディションに不安はない。状態を聞く報道陣の質問を遮るように「100%」と言った。

 16年末、決勝でRマドリードと対戦したクラブW杯期間中に“Cロナ・ポーズ”を披露して一躍時の人となった。C・ロナウドは移籍したが、アジアを制した先のクラブW杯で準決勝まで進出すればRマドリードとの再戦がかなう。クラブ20冠目のタイトルへ、夢対決へ。自らのゴールでカウントダウンを進める。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年10月24日のニュース