水原 指揮官再就任で上り調子3連勝、中盤での支配ポイント

[ 2018年10月24日 05:30 ]

ACL準決勝第2戦   水原―鹿島 ( 2018年10月24日    水原 )

 水原は準決勝第1戦を率いていた李炳根前監督が退き、8月までチームを指揮していた徐正源監督が15日に再就任。公式戦8戦白星なしだったチームは安定感を取り戻し、同3連勝と上り調子だ。

 同4試合勝ちのない鹿島とは対照的で、指揮官は「選手のコンディションは非常に上がっている。必ず勝利して決勝に進出したい。中盤でボールを握ることが大事」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年10月24日のニュース