PR:

G大阪 38歳遠藤と契約延長へ!チームの軸として絶大の信頼感

39歳となる来季もG大阪で遠藤のプレーが見られる
Photo By スポニチ

 G大阪が元日本代表MF遠藤保仁(38)と契約延長する方針であることが22日、分かった。今季で契約が切れる中、すでに代理人を通じて1年間の延長オファー。遠藤本人も前向きに考えているという。ここまでリーグ戦30試合全てに出場して1得点6アシストを挙げているレジェンドは、プロ22年目の来季も「青×黒」ユニホームを身にまとうことが濃厚となった。

 今季はMF高宇洋(20)やMF高江麗央(20)ら若手が出場機会を得るようになったものの、クラブ幹部は「まだまだ超えられる選手はいない」と、遠藤の卓越した戦術眼とチームへの影響力を高く評価。来年1月28日には39歳を迎えるとはいえ、20日の横浜戦で走行距離1万593メートルを計測するなど、シーズン通じても平均10キロ超の走行距離を誇り、体力的な衰えは少ないと判断した。

 一時はリーグ最下位まで低迷したチームも、宮本監督の下、現在は6連勝で10位に浮上。J1残留が見えてきている。遠藤はJ1通算598試合出場で、早ければ11月10日の湘南戦でフィールド選手初の600試合出場に到達。来季もJ1リーグで試合出場を続けていけば、GK楢崎正剛(名古屋)が持つ歴代1位の通算631試合出場を超えることも可能だ。

[ 2018年10月23日 05:49 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:11月13日12時〜13時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      ACL

      海外サッカー

      コラム