森保監督「融合」象徴4バック、快勝にも「全てを上げないと」

[ 2018年9月12日 05:30 ]

国際親善試合   日本3―0コスタリカ ( 2018年9月11日    パナS )

<日本・コスタリカ>試合中メモを取る森保監督(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 右手にボールペンを握り締め、左ポケットにはメモ帳をしのばせた。注目の初陣。森保監督は気付いたことを小まめに書き留めた。3度のゴールシーンでは、小さく手を叩き控えめに喜びを表現。快勝発進を「特別の舞台に立たせていただいている思いはあったが、一戦一戦ベストを尽くす部分において私自身は全く変わらなかった」と振り返った。

 J1を3度制した広島やU―21日本代表では3―6―1を基本布陣にしてきたが、この日は4―2―3―1を採用。「いろんな形に対応してほしい」とチームに柔軟性を求める狙いとともに「W杯にコーチとして参加して西野監督から学ばしていただいたことを先につなげたかった」と前任者をリスペクトする意味も込めていた。

 試合後の会見では冒頭の5分間を使い、スポンサー、サポーターらへの感謝、地震と台風の被災者へのお見舞いの言葉を口にした。攻撃で目立った中島、南野に対する質問を受けても「攻撃の選手の活躍は守備の選手の頑張りがあってこそ」と個人評価には言及しなかった。8日の札幌から大阪への移動便では、20席しかなかった上級シートを選手に譲りエコノミークラスに座った。謙虚で実直な姿はサムライブルーを率いても変わらなかった。

 Jリーグ創設以降、日本人監督は4人目だが、初陣を白星で飾ったのは初。実績ある欧州組の招集を見送り、若手を積極起用して結果を出したが、満足はしていない。「もっと得点できるチャンスはあった。相手のチャンスがゼロだったわけではない。全てを上げていかないと」。10回以上に及んだメモの数は、伸びしろの証。未来に希望を抱かせる船出となった。

 ≪日本人監督32年ぶり初陣勝利≫森保ジャパンの初戦はコスタリカに3―0で快勝。日本人監督が就任初戦で勝利したのは、86年の石井義信監督(○2―1=シリア)以来、32年ぶり。石井監督以降は横山△、加茂●、岡田△、岡田(第2次)△、西野●と延べ5人の日本人監督が勝てなかった。また、初戦で3得点以上を決め、無失点に抑えたのは、外国人監督を含む歴代日本代表監督(延べ35人)の中で史上初の快挙。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2018年9月12日のニュース