セレッソ“二兎”を追う!中2日の天皇杯へ「中心選手も必要」

[ 2018年8月22日 05:30 ]

 ダブル獲り陣容だ。昨年覇者のC大阪は、22日に天皇杯4回戦でJ2甲府(中銀スタ)と対戦。21日、大阪市内で最終調整を終えた尹晶煥(ユンジョンファン)監督は19日のリーグ・長崎戦からのメンバー変更を示唆しつつも「体調が万全な選手は連れて行く。中心になるべき選手も必要だ」と、MF山口やMF高木ら中核の選手はベンチ入りさせた。

 中2日で臨む甲府戦に続き、再び中2日でリーグ首位・広島(25日・ヤンマー)との大一番を迎える。「甲府戦に勝てれば、広島戦へ向けても気持ち良く臨める」と指揮官。広島とは勝ち点13差と離れているが、まだ逆転優勝を諦めてはいない。主力と普段出場機会の少ない選手の融合を図り、二兎(にと)を追う。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年8月22日のニュース