名古屋延長● 風間監督は判定不服 中谷の一発レッド「厳しすぎる」

[ 2018年8月22日 23:14 ]

天皇杯3回戦   名古屋1―4広島 ( 2018年8月22日    エディオン )

 延長戦だけで3失点した名古屋の風間八宏監督(56)は主審の判定に不服の意を表した。

 問題にしたのは、1―1で迎えた延長前半1分のDF中谷進之介(22)のプレー。裏のスペースに抜け出した広島FWパトリックを後方から倒して、一発レッドカードとなった。「あれがレッドに値するのかどうか…厳しすぎると思います」と指揮官。その後に3失点を喫しただけに、最後まで納得のいかない表情だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年8月22日のニュース