UEFA 今シーズンからCLでVARの導入を検討

[ 2018年8月22日 22:28 ]

 欧州サッカー連盟(UEFA)が、今シーズンから欧州チャンピオンズリーグ(CL)でビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の導入を検討していると、22日付の英紙タイムズ(電子版)が報じた。

 W杯ロシア大会でVARが成功を収めたことから、欧州CLでも決勝トーナメントの準々決勝以降からVARの導入を検討しているという。来週にモナコで行われる大会実施委員会で提言され、来月末の常任理事会で最終決定する見通し。

 1次リーグでは1日で最大8試合が行われるため、VARに関わる人員が足りないことが課題だった。導入を1日1試合しか行わない準々決勝以降に限定することで、この課題はクリアされる見通しだという。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年8月22日のニュース