本田に在メルボルン総領事も期待「いい影響が出る」

[ 2018年8月15日 13:53 ]

記念撮影するメルボルンVの(左から)ディ・ピエトロ会長、MF本田、マスカット監督
Photo By スポニチ

 オーストラリア1部メルボルン・ビクトリーに加入したMF本田圭佑(32)が15日、メルボルン市内にある本拠地の1つ「AAMIパーク」で加入会見を行った。

 総勢100人が会見場に集まる異例の盛り上がりの中には、松永一義・在メルボルン総領事の姿もあった。メルボルンが属するビクトリア州には約2万人の日本人が住んでおり、「期待はとても高い」と強調。「メルボルンの日本人コミュニティーはもちろんビクトリア州政府がスポーツ選手だけでなく(多くの面で)彼に期待している。いい影響が出る」と熱視線を送っていた。

 年俸制限のない「マーキープレーヤー」(看板選手)で迎え入れられた本田に期待するのはクラブだけではなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2018年8月15日のニュース