ネパール 堅守で健闘、元清水・行徳監督「悪い結果ではない」

[ 2018年8月15日 05:30 ]

アジア大会サッカー1次リーグD組   ネパール0―1日本 ( 2018年8月14日    インドネシア・チカラン )

<日本・ネパール>後半、ネパール守備陣とCKを競り合う原(右)=撮影・木村 揚輔
Photo By スポニチ

 ネパールは徹底的に守りを固める作戦をとり、1失点と健闘した。攻撃に転じるシーンはほとんどなかったが、行徳監督は「負けたが、0―1は悪い結果ではない」とイレブンをねぎらった。

 指揮官はJ1清水、ブータン代表監督などを歴任し、16年にネパール代表監督に就任。「16強に進むのが目標。次の試合では得点したい」と力を込めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2018年8月15日のニュース